社内での安全教育を強化する為、工場内に潜む危険性のありそうな個所を探し、写真に撮って社員全員に配布。目に見える形にし、危険を予測することで効率よく認識ができる様に「安全の見える化」運動をとりいれました。